訃報

渡辺裕之さんは他殺か?最後のフィクサーも「自殺は100%無い」

watanabe hiroyuki訃報

渡辺裕之さんは他殺?今月3日に亡くなられた渡辺裕之さんについて、報道では、縊死(=自殺)とされていますが、遺書も見つかっていないとのことです。

最後のフィクサーの異名を持ち、政財界や芸能界の裏を知り尽くしている朝堂院大覚氏、三浦春馬さんの死の闇を訴え続けているYouTuberてっちゃんらが、渡辺裕之さんの死因に疑問を投げかけています。動画がいくつかアップされていますので、補足情報を交えて、まとめてみました。

渡辺裕之の自殺は100%無い!最後のフィクサーが断言

「最後のフィクサー」の異名を持ち、政財界や芸能界の裏を知り尽くしている朝堂院大覚氏もご自身のチャンネル「朝堂院大覚スペースシャトル」の中で、渡辺裕之さんについて次のように述べています。

 

・25年来の付き合い。胆石をとる手術をした時も何度も見舞いに来てくれた。芸能界では珍しく、誠実・真面目・正統派・理性的。非常に爽やかで義理堅く人間として立派な人物。

 

・絶対に自殺するようなタイプではない。強い男だから、敵を作って何らかの理由で殺された可能性は高い。前向きで仕事熱心、問題があればいろいろな知恵を出して、自分の私利を犠牲にしてでも、解決を優先する。トラブルも作らない。人間として理不尽なことを要求されると断るタイプ。

 

・投資詐欺の件は解決している。その件は関係ない。自殺をする人間がトレーニングルームで身体を鍛えたりはしない。警察はこのまま「自殺」で片付ける。「他殺」だと犯人を見つけなければならない。もしくは、犯人がわかっているが、警察と犯人が結託していることも考えられる。

・渡辺裕之さんの遺作となった「貞子DX」の監督は木村ひさし氏。木村氏は、三浦春馬さんの遺作となったTBS「おカネの切れ目が恋のはじまり」の演出を担当。木村氏のツイッターが三浦さんの事件を仄めかしているのではないかと炎上した事がある。

watanabe-sadako

貞子DX

watanabe hiroyuki-kimura hisashi

木村ひさし監督

・三浦春馬さんが最後にドラマ撮影をしていたTBSの緑山スタジオと渡辺裕之さんの自宅は近く、同じ俳優、同郷(茨城県)で、体を鍛えるのが好き、真面目など共通点も多い。渡辺裕之さんが、三浦春馬さんの死因について興味を持ち、木村ひさし監督に尋ねた事も考えられる。
・三浦春馬さんは他殺である事は間違いない。自分の周りには、半グレ、裏社会の人間が出入りしている。その中の一人が殺害現場にいたと聞いた。金銭トラブルの件で、前日にトラブルがあった。
・渡辺裕之さんは追い詰められていない。余裕をもって生きてきた男。仕事も順調で人生における悲観や絶望感は無かった。自殺することは100%無い。紐で窒息死。他殺以外の何物でもない。
朝堂院 大覚(ちょうどういん だいかく)
本名:松浦 良吉(81歳)

youtubeチャンネル:
「朝堂院大覚のスペースシャトル」など
(総登録者数 約
9.5万人)   
経歴:
・空調設備工事会社ナミレイの会長などを歴任。
・武道家、空手家、居合道警視流の宗家家元。
・全アジア条約機構推進委員会委員長、法曹政治連盟総裁など数多くの団体の総裁や委員長として君臨。
1980年、非核諸国同盟会議を開催。アラファト議長、カストロ議長、後藤田正晴元官房長官などが参加。
・1982年、ニカラグア運河開発計画発表。国際運河開発公団総裁就任。ダニエル・オルテガ大統領と計画を進める。
・1988年、国際宇宙法学会創設、140カ国の学者による研究学会を発足。
・早稲田大学の佐藤立夫名誉教授とともに憲法裁判所創設委員会を設立。
・他にもフランスのミッテラン大統領、イギリスのサッチャー大統領など、東西各国の国家元首と交流、各国の活動をさまざまに支援。
・マイケル・ジャクソンと宇宙についての考え方で共鳴、厚い友情を交わすなど、その交流関係、活動範囲は多岐にわたる。
1992年に空調大手「高砂熱学工業」に対する業務提携強要の容疑で懲役2年執行猶予4年の判決を受けた。
2013年、YouTubeチャンネル「JRPtelevision」を開設、YouTuberとして活動を開始。
2014620日、新宿のCD販売店で開催されたロックバンドグループのアルバム発売記念イベントに乗り込み妨害、同年10月末に警視庁戸塚警察署に威力業務妨害容疑で逮捕された
著書:
『マイケルからの伝言』(さんが出版 2010)
『怪物フィクサーに学ぶ「人を動かす」(サイゾー 2013)
『朝堂院大覚の生き様〜ユーラシア帝国の実現を願った男〜』(説話社 2020)
chyodoin

朝堂院大覚

渡辺裕之さん、三浦春馬さんの遺作はいずれも木村ひさし氏が関与。

YouTuberのてっちゃんは、「てっちゃんカフェ」の中で、渡辺裕之さんの死去に関して、以下のような発言をされています。

・渡辺裕之さんは、昨年10月にクランクアップし、今秋公開予定の「貞子デラックス」に出演。結果的にこの映画が遺作となった。この映画のメガホンを取ったのは、あの木村ひさし監督。

・木村ひさし監督は、2020年、三浦春馬さんの遺作となった「おカネの切れ目が恋のはじまり」の演出を担当、三浦春馬さんが亡くなった日以降、SNSで次々と意味深な投稿をし、批判を浴びた人物。

・同ドラマでは、平野俊一監督と共に三浦春馬さんへの数々のパワハラを繰り返していたと一部では言われている。そんな人物が、何もなかったかのように、次々と話題作を手掛けているのは驚きで、バックで大物がサポートしているのかもしれない。
watanabe hiroyuki-hirano

平野俊一監督

・渡辺裕之さんは、最近痩せていたようだ。渡辺裕之さんも木村監督と何かあったのではないか?(三浦春馬も)毒饅頭を拒否したために口封じされたが、木村氏自身にはそんな力があるとは思えず、背後に大きな勢力の影を感じる。木村ひさし氏が、二人の身近にいたのは確か。事情聴取されてもおかしくない。

 

・木村監督は、5月7日に渡辺裕之さんも出演していたドラマのタイトル「あじさい」をアップしている。タイミング的に渡辺裕之さんの追悼のつもりかもしれないが、コメントは「観てほしい」だけ。

渡辺裕之さんは、何かを知ってしまったのか?

・二人ともチャリティー活動をしていた。(不正な)募金の流れを知ってしまい、口封じされた可能性も考えられる。イルミナティ、SG(創価学会)、またはそのスパイの関与?妻の原日出子は、学会のエリート。学会には、様々な疑惑がある。

・渡辺裕之さんはインスタで昨年の7月17日と7月18日に馬の絵画をバックに撮影した写真を投稿。春馬さんが亡くなったのは7月18日と報道されているが、実は7月17日に殺されていたという説がある。偶然とは考えにくい。渡辺裕之さんは、三浦春馬さんの死の真相にたどり着いていており、サインを出したのでは?
https://www.instagram.com/p/CRawChWtBnd/?igshid=YmMyMTA2M2Y=

渡辺裕之さん出演ドラマの主題歌を歌っていた津野米咲さんも自殺

・三浦春馬さんが亡くなった直後の2020年8月19日よりFOD(フジテレビオンデマンド)で配信されていた「時をかけるバンド」(三浦翔平 主演)に渡辺裕之さんは出演していた。このドラマの主題歌を演奏していた「赤い公園」のメンバーである津野米咲さんも29歳の若さで命を絶っている。

赤い公園の津野米咲(G)が昨日10月18日に亡くなった。29歳だった。

赤い公園。左から2番目が津野米咲(G)。

赤い公園。左から2番目が津野米咲(G)。

2010年結成、2012年にメジャーデビューした4人組ロックバンド・赤い公園。津野は楽曲のソングライティングおよびプロデュースを手がけるバンドの中心メンバーで、さまざまなアーティストへの楽曲提供や年に一度のロックフェス「VIVA LA ROCK」のために結成されるバンド・VIVA LA J-ROCK ANTHEMSのギタリストとしても知られる。提供曲の中にはSMAP「Joy!!」やモーニング娘。’16「泡沫サタデーナイト!」、YUKI「風来坊」「かたまり」などがある。

オフィシャルサイトには「突然の悲報に接し、メンバー・スタッフ共に、現実を受け止めきれない状況です。なお、葬儀につきましては、ご遺族の意向により近親者のみで執り行う予定です。津野米咲に対する生前のご厚情に心より感謝申し上げますとともに、皆様と心からご冥福をお祈りしたいと思います」というメッセージがソニー・ミュージックレーベルズ、赤い公園スタッフ一同の連名で掲載されている。

出典:音楽ナタリー 2020年10月18日

watanabe hiroyuki-tsuno

津野 米咲さん

・主演の三浦翔平は、三浦春馬の親友と言われていたが、実はそうではなかったと言われている人物。そして、その三浦翔平の主演ドラマに出演していた渡辺裕之さんと、主題歌を担当したグループの津野米咲さんが自殺….。単なる偶然なのか?

watanabe hiroyuki-syohei

三浦翔平

渡辺裕之さんは、暴力団追放を訴えていた!

渡辺裕之さんは、2020年の222日、暴力団追放のキャンペーンに参加し、暴力団排除を訴えていました。この事で、暴力団から目を付けられていた可能性は無いでしょうか。

渡辺裕之さん 暴力団追放訴える

watanabe hiroyuki

(c)NNN

22日、ラグビーの試合会場に俳優の渡辺裕之さんが登場し、会場にいるサポーターへ暴力団の追放を訴えた。

22日午後、都内で行われた「ラグビー・トップリーグ」の試合会場に俳優の渡辺裕之さんが登場し、暴力団追放への意気込みを語った。

俳優・渡辺裕之さん「我々市民・警察・行政、社会全体がONE TEAMとなって、暴力団廃絶のために取り組んでいかなければなりません」

会場では、暴力団排除を訴えるグッズを配布したほか、警察官と一緒に暴力団の追放を訴えるパレードを行った。

警視庁は、暴力団と関係を持たない町作りを行うことが重要だと話している。

出典:日テレニュース

以上、渡辺裕之さんの他殺の可能性についてまとめました。新たな情報があれば、追記していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました